« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

絃友会の予定!

絃友会での慰問ライブの予定note

File02826月26日(土曜日)遊・清河寺

7月11日(日曜日)富士見園・民謡三人衆sign03

7月24日(土曜日)さいたま市老人福祉センター(東楽園納涼祭)

8月8日(日曜日)川口市たたら祭(川口オートレース場)

8月28日(土曜日)遊・宮原

今のところの・・・慰問ライブの予定です。絃友会の仲間を引き連れて・・・雲助!参上致しますので、皆様楽しみに待っていて下さいねhappy01

そして、雲助!まだ予定ですが・・・10月に○○小学校の3年生教室にhappy01三味線担いで、乱入sign02致します。雲助!チョコット楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、そよ風ライブ!

19日(土曜日)岩槻区の(東岩槻ケアセンター・そよ風)で、津軽三味線慰問ライブnotesを、やって来ました。

本日は、雲助!単独ライブでした。

大勢のお客様・・・雲助!の三味線happy01楽しんで頂いたようです。たっぷり一時間のライブnotesでしたが、誰一人・・・席を立たずに、雲助!の三味線を楽しんで頂きました。

嬉しい事に・・・アンコールまで頂き・・・雲助!の厄払いの唄(唄が上手すぎて、聴いて居られない唄{津軽あいや節・弾き語り})を、最後にやっけて来ました。

また呼んで下さいネsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲助流・エレキ三味線⑧

まあまあ、完成かな?happy01

本日、たっぷり時間を掛けて・・・(雲助流・エレキ三味線)調整致しました。

貼り付け3連ピエゾピックは・・・三味線の・・・駒の下sign03

ピエゾコンタクトボリュームは・・・約50%notes

コンデンサーボリュームは・・・約5%notesが・・・ベストみたいです。

やっぱり・・・撥の叩き音が・・・チョコット気に成るかな・・・でも、津軽三味線は・・・叩きだからなpunch

雲助!の実験用の津軽三味線は、合皮ですが・・・今度は・・・犬の本皮を、張り替えて実験してみます。

それと前にも、紹介しましたが(AW-2G・クリップチューナー)使えますよ。

046 雲助!ライブでは、重宝していますgood尺八と合わせる時は・・・1尺9寸以上は・・・会います(正律管・調律管でも!)ただし、9寸以下・・・では、チョットずれます(まあ、尺八は・・・和楽器だから・・・ドレミじゃー無いしね)。

でも、雲助は・・・ライブの時・・・弾き語りしながら・・・チョコチョコ横目で見ながら・・・音取しています。回りがどんなにうるさくても、慣れれば・・・一目ですよgood

まあ和楽器愛好家の皆様は・・・バカにしますが・・・最近・・・雲助!のマネをしている・・・三味線弾き、見かけますヨnoteshappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲助流・エレキ三味線製作⑦

チョコット改善!

055昨日、雲助流・エレキ三味線!が、完成しましたので・・・早速、雲助!の稽古場に持って行きnotesベベベ~ンsign03あれshockこんなはずじゃ~・・・トホホcoldsweats02・・・家では、アンプのゲイン下げて試した時はhappy01ワ~スゲーpunchて、思いましたが・・・イマイチthink

実験台の津軽三味線の皮・・・本物では無い、合皮だからかな?あるいは・・・裏側、アルミ板でふさいでしまったからかな~?・・・裏側の蓋に穴開けようかなーbombて・・・悩みました。

TSギター教室の掲示板には・・・調子の良い事、投稿してしまったしなcoldsweats01・・・でもflair改善しました。もう何処のメーカーのエレキ三味線にも負けませんよsign02嘘つきhappy01

今までは、ピエゾピックの張る位置は、なるべく縁の方・・・⑤話で紹介写真の様に、表貼りのピエゾピックは、半分は表皮の縁 からはみ出して、太鼓の縁にかかる様に貼り付けていました。また有名メーカーのエレキ三味線は、胴の隅の方に貼り付けて有りました。

でも今回思い切って、三味線の駒の裏側の位置に、張り直しました。good正解バッチグーよsign03さすが、3連相ピエゾピックnotes

ボリュームも、コンデンサー側は・・・上げすぎると・・・叩きの音が強くなり過ぎるので・・・10%未満位にセットが、ベストです。今回は、ヘッドホーンをして調整しました。

改めて、これ使えるよsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲助流・エレキ三味線製作!⑥

ついに完成happy01sign03

054ついに完成致しました。

雲助流・エレキ津軽三味線!チョット見たのでは・・・解らないでしょうpunch棹は、メタルック塗装shineです。音緒の所には、雲助の金棒も仕込んで有ります。側面(中木{リンドウ))の横に、12ミリの穴を開けて・・・アンプへ行くケーブルのジャックを取り付けて有ります。

そして、雲助!特製の・・・三味線ストラップが、取り付けられています。このストラップは、三味線弾き専用に考えて作って有ります。糸巻き調整とか、色んな体勢で弾ける様にねgood

裏皮は・・・取り去り・・・代わりに・・・プリアンプと電池ホルダーを取り付けた、3ミリ厚の、アルミ板が・・・ボルト(たまに開けて、ボリューム調整・電池交換の為)で、固定して有ります。

052三連のピエゾピックは、音緒の下辺り・・・雲助の金棒付近に、貼り付けました。

ボリュームは・・・ピエゾが70%位・・・コンデンサーボリュームが5%位です。

津軽三味線は、別名?叩き三味線です。ですから、マイクで音を拾うと・・・バチン・バチン撥の音ばかり強調されてしまいます。

また、今までのピエゾピックを貼っただけの場合・・・も同じで・・・おまけに高音がキンキン低音がボンボン・・・エフェクターで音を作って・・・我慢していました。

でも今回試した(TSピックアップシステム2L)なかなかの代物です。http://www.geocities.jp/tsguitarschool/akogipicup.htm

このピックは、TSギター教室で、アコスティクギター用のTSピックです。

エフェクターかまさずに・・・ダイレクトで、弾いてみたら・・・もうビックリ最高ですhappy01音自体津軽三味線の生音に近いですよannoy今までのが、悪すぎたせいも有るかもしれませんが・・・これ断然使えるよ。notes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲助流・エレキ三味線製作⑤

いよいよ、心臓部heart02

051これは、3連ピエゾピックとコンデンサーマイク内装のプリアンプです。○○ギター教室製です。(雲助!納得する音が出るように成ったら、○○様、公開致します。失礼の無い様に・・・今はまだ、非公開です!)

044 今までは、雲助!のエレキ津軽三味線?は、表皮に・・・ピエゾピックを、貼り付けただけでしたcoldsweats01

まあこれでも・・・エフェクターかまして・・・其れなりのnote音出てましたよpunch

でも今回は、津軽三味線そのものを、エレキ三味線にしてしまいました。有名メーカーから良い物が、出ていますが・・・高いし・・・雲助!自分でいじってみたくて・・・作りました。

047取合えず・・・借り止めしてみましたpunchはたしてどのような音出るかcoldsweats01楽しみです。

今、三味線のペンキ磨き終わって無いので、組み立てられず(三味線バラバラなので!)・・・まだnotes音出せません。

早く音出したいな~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲助流!エレキ三味線製作④

いよいよ大手術heart04

052 とうとう、メスがhairsalon入りました。

049 前にも書きましたが、三味線の胴(太鼓)の部分は、四枚の板を・・・糊で張り合わせて、出来ています。

これでは、裏皮を取ってしまうと・・・ばらばらに成る可能性がsign02有ります。現に、雲助!所有の・・・100年前の、小唄三味線・・・皮がはげれたままにして置いたら・・・胴が、バラバラに成りました。

それで・・・イロイロ雲助!考えまして(始は、四隅に筋交いを入れようと思ったのですが・・・)四隅に・・・グラスウールをエポキシ接着剤で・・・盛り付けましたrock

047 次は、裏側の皮の代わりの・・・アルミ板のふたを固定する、アンカーを打ち込みました。

ちなみに、裏皮は・・・剥がさずに・・・中側部分を、切り取りまして・・・見た目は・・・皮が貼って有るように見えて・・・縁は・・・アルミ板(パールホワイト塗装します)の音漏れ防止のパッキン代わりに・・・残しましたflair

さて、この次は・・・胴の中に・・・(3連ピエゾ+コンデンサーマイク+プリアンプ)を、仕込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう6月だ!

もう6月だよ!早いな~

雲助!の愛車cardashやっとエアコンの修理終わって、帰って来ました。ホント金の掛かる車だよpunch熊谷のエアコン修理屋さんの帰り道・・・行田のYMS(http://www.yms-gyoda.jp/)のサイドを走って来て・・・今度は、YMSで・・・心臓移植かな?て思いながら・・・横目で見ながら・・・帰ってきました。

今月は、6月19日(土曜日){東岩槻ケアセンター・そよ風}で、慰問・津軽三味線notes単独ライブを行います。

東岩槻・そよ風の皆様・・・楽しみに待っていて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »