« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

“雲助!一人会”だ!

本日、(ライフコミューン・ふじみ野)で、・・・“雲助!一人会”を、やって来ましたsign03

File0320 たっぷり・・・一時間のライブでしたが・・・ライフコミューン・ふじみ野の皆様・・・雲助!のパフォマンスhappy01とても喜んで頂き・・・雲助!気分爽快heart04楽しく勉強させて頂きました。

一番前列の・・・お母ーさん、雲助!大汗かいてcoldsweats01三味線弾き語りを、していましたが・・・そのたびに・・・巣鴨のとげぬき地蔵様sign01状態でheart02タオルで、雲助!の顔の汗coldsweats02なんども・・・拭いて頂き・・・雲助!この年に成るまで・・・汗拭いて頂いたのheart01初めてだよhappy01とても嬉しかったよlovelysign01

おかーさんheart04ありがとうねsign03雲助!とても、とても嬉しかったヨhappy01sign01

ライフコミューン・ふじみ野の皆様・・・また、雲助!呼んで下さいネdelicioussign01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さらに、なるほどネ!

“雲助流・エレキ三味線”ピエゾピックの貼る位置を、変えたのは・・・前に紹介しましたがsign03

060 黒い斜めに貼り付いているのが・・・3連装のピエゾピックアップですgood

意外と大きなピエゾピックを、今までは・・・駒の下当たりに貼って有りましたcoldsweats02

これを移動しただけで・・・エレキの時はもちろん・・・今まで苦労していた・・・エレキ三味線をアンプ通さず、生三味線の音notesこれが良くなったのよhappy01

雲助!あんなに苦労していたのに・・・表皮にこんなデカイ物を貼り付けられたら・・・良い音出る訳無いかpunchsign03

明日は、ライフコミューン・ふじみ野で“雲助!一人会”予定しています。取りあえずは・・・エレキ三味線と津軽三味線の、二丁で勉強させて頂きますかなhappy01sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

な~るほどね!

“雲助流・エレキ三味線”すごいよpunch

062 前にも紹介しましたが・・・ピエゾピックの貼る位置で・・・激変致しましたgood

ミキサーにヘッドホンつないで、モニターしながら、調整した結果・・・良いよflair惚れ直しましたsign03

060三連装の、ピエゾピックの貼る位置は・・・胴の上角ですgood

三味線の表皮を・・・指ではじいてみると・・・ピックの上当たりでは・・・マイクを叩くような・・・バチバチてな音が・・・少し離れると・・・はじき音が、かすかに 響く程度です。

今までは、駒の下付近に貼っていましたが・・・津軽三味線の叩き撥の音が・・・強烈でcoldsweats02・・・でも、今の位置に貼り変えたら・・・すごい素直な・・・良い音notes

これなら、コンデンサーマイク(胴中のエアー感を拾うための!)のゲインを10~20%上げても良いかなshinesign01て、思いました。

雲助!皆に、聴かしてやりてーナsmilesign03

ちなみに、青い箱状のものが・・・上側(コンデンサーマイクのゲイン調整で、隣に見えるのが、コンデンサーマイク)下側のが(ピエゾピックのゲイン調整)ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲助!割り切ったゾー

雲助流・エレキ三味線ですが・・・アンプ無しでの・・・生演奏の時の音notesを気にしていましたが・・・雲助!割り切りましたhappy01生演奏の時は・・・生の津軽三味線で・・・曲によってはエレキ三味線を使う事にgood立派な・・・津軽三味線あるんだもんsign03

それで雲助流・エレキ三味線の、裏蓋(裏皮の代わりの蓋)は、ステンレス板にしました。

064真ん中に穴を開けて、胴中のプリアンプが、覗ける様に(電源入った時に、パイロットランプが点灯して正常に働いているか確認するため)もちろん、穴は透明の、アクリル板でふさいで有ります。

061 ステンレス板を、セットするとこんな感じに仕上がりましたshine

お約束の・・・雲助!手作りの“千社札”を、貼りましたsign03

また何やら書いてあるシールは・・・尺八の寸法とチューナー(1.9寸・C#とかネ!)の早見表ですsmile

ピカピカの、裏板で・・・エレキ三味線らしく成ったでしょうhappy01

早速、26日(日曜日)ライフコミューン・ふじみ野での・・・“雲助!一人会”では、三味線二丁持って頑張りますsign03

ふじみ野の皆様・・・雲助!の一人会notes楽しみにしていてネhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレキ三味線・プチ改造!

“雲助流・エレキ三味線”をプチ改造いたしましたpunch

060 これが雲助流・エレキ三味線の秘密の内部ですbomb今までは、三連装のピエゾウピックを・・・駒のずーと下(胴に近い方)に、仕込んでいたのですが・・・エレキ三味線の本家(三味線かとうhttp://www.shamisen-katoh.com/)のエレキ三味線「夢絃・21仕様紹介」で、夢絃の内部構造が紹介されているのを見て・・・早速・・・雲助!も手作りのエレキ三味線の・・・三連装ピエゾウピックの位置を変更しましたgood

改訂後は・・・胴の上角に張り替えました。もともと三連装ピエゾウは、貼る位置そんなに気にしないでいけますが・・・駒の下では・・・叩き撥の音が・・・ちょこっと気になりましたが・・・“三味線かとう”さんのやりかたを参考にさせて頂きました。

雲助!ピエゾウをこんな位置にもって行くなどとは・・・思いもよりませんでしたdelicious

それに、コンデンサーマイクのゲインは8%位です。胴の中に、顔突っ込んで・・・あーて、怒鳴ってかすかに聞こえれ位かなhappy01

雲助流・エレキ三味線・・・バッチグーannoypunchsign03よ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日“雲助!一人会”だ~!

12日本日、「ライフコミューン・南与野」にて、“雲助!一人会notes”をやって来ました。

044 雲助!今回は、雲助!お手製のエレキ三味線一丁で・・・一人会を、勉強させて頂きました。

反省点は・・・やはりエレキ無しでの、生演奏では・・・エレキ三味線でない・・・本物の(エレキ三味線の改造してないpunch)津軽三味線の方が・・・迫力有るな~coldsweats01

童謡・懐かしのメドレーとかは・・・エレキ三味線でエフェクター(サステーナー効く)かましてやると・・・とても良い感じですが・・・最後の(津軽じょんから曲弾・即興演奏note)は、エレキ三味線では・・・やはり本物の津軽三味線の、生演奏でないと・・・迫力無いようでしたpunchsign03

会場の広い場所では、エレキアンプ通してやると最高ですが・・・狭い場所では・・・生三味線の方が、良い感じですnotes

今月6月26日(日曜日)に、(ライフコミューン・ふじみ野)で、“雲助!一人会notes”を予定しています。

その時は、三味線2丁(エレキ三味線と津軽三味線)持って行きますので・・・「ふじみ野」の皆様、楽しみにして居てくださいねhappy01

教訓annoyやはり、{生は生sign03}作り物には・・・かないませんpunch

雲助の、エレキ三味線は・・・それなりに・・・凄いよbombhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレキ三味線・プチ調整!

“三味線弾きの・雲助!”お手製のエレキ三味線・・・再々調整ですhappy01

Photo 駒の位置を調整しました。鉛筆で印を付けながら・・・録音して・・・ベストポジションの位置に・・・おまけにズレないように・・・セロテープで固定しました(笑いhappy01sign01

音緒のところには・・・雲助!ご自慢の(雲助!の金棒)が、最近この下駒がいろんなバージョンで出回って居るようですが・・・“雲助!の金棒”簡単に作れるし(3ミリの真鍮のロットを、三分の二程度削って平にして、一の糸の溝を削って磨いただけsign03ズレないように、撥ノリで固定smile)良いよgood

雲助!お手製のエレキ三味線・・・胴中に、三連装のピエゾーピックを、駒と胴尻(胴の縁に近い方に)の間に仕込んで有るので・・・駒の位置で大分音が違うみたいですsign02

050 なかなか良い音notes出すのは、難しいゾ~punch

sign03今までのお話は・・・雲助!お手製のエレキ三味線を・・・アンプ無しで・・・三味線を、生演奏した時の・・・お・は・な・しhappy01sign01で~す。

“雲助流・エレキ三味線”アンプつないでやると・・・良い音出しまっせ~punchsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲助!の予定だ~

今年も、早いもので・・・もう、6月だよcoldsweats02

044 雲助!の今のところの・・・予定はnotes

*6月12日(日曜日)ライフコミューン・南与野  “雲助!一人会”note

*6月24日(日曜日)ライフコミューン・ふじみ野  “雲助!一人会”note

*7月十日(日曜日)富士見園  “雲助!と尺八の雄玉さんの二人会”note

*7月16日(土曜日)そよ風・東岩槻  “雲助!一人会”note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »