« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

稽古場の壁紙貼り完了?

本日も、午前中は仕事して・・・午後から、三味線の稽古場の壁紙貼りをしました

239 稽古場は、完成したのですが・・・出入りするところの壁(砂ズリ)は、壁紙下地材(シーラー)で、処理したのですが・・・

238 やはり、糊がのりずらい感じで・・・せっかく貼っても・・・後でバサッて剥がれたら嫌なので、後日・・・ベニヤ板を貼ってから、壁紙を貼る予定です。

こんな時に・・・本業の仕事(お人形さん作り)が、沢山入りました。

壁紙乾いてしまうよ・・・でも、嬉しい悲鳴です

三味線弾きの雲助!・・・明日から一泊で、箱根温泉へ行って来ます

何十年ぶりの・・・男四人の・・・同窓会旅行で~す

それでは、明日・・・箱根へ行って来ますね

鬼マネ様!おとなしくしていてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁紙貼り!

三味線弾きの、雲助!・・・仕事の合間を見つけては・・・稽古場の、壁紙貼りをしています

251 先ずは、前回紹介しました・・・防音シートを壁に貼り・・・その上から・・・5.5ミリ厚の、ベニヤ板を貼り・・・スキマや、ビスの頭とかの・・・下地処理を、ジョイントコークで処理します

254 壁紙は、ルームファクトリーhttp://www.rakuten.ne.jp/gold/roomfactory/から、取り寄せました。

ご覧のように、壁紙貼りセットとコークが・・・サービスで付いて来ました

242 雲助!今まで家中の壁紙を貼りましたが、何時もはホームセンターで、オーソドックな(何種類も無いから!)壁紙で我慢して貼って居ましたが・・・ルームファクトリーでは、生のり付きの壁紙が、種類豊富で・・・おまけに、サンプルまで送ってくれます。

今回も、サンプル5枚送って頂き、納得した壁紙を買うことが出来ました

248 壁紙のフイルムには、5センチ間隔でラインが有るので・・・裁断するのに便利です。

252 ベニヤ板を貼れない所、砂ズリの壁の下地処理は・・・壁紙下地処理材シーラー(水性ボンドを薄めた様な液体?)を、ローラーバケで、塗って下地を固めてしまいます

246 いよいよ、壁紙貼り開始です

張り合わせの部分は、保護テープが壁紙の隅に有るので・・・合せやすいです

245 柱と壁紙の堺めは、1ミリ程度・・・柱の部分にかかる様にするのが・・・良いよ

壁紙が、剥がれにくく成るかな

244 三味線弾きの、雲助!の、八疊の稽古場・・・本日は、半分出来上がりました

来月、雲助!のお弟子さん達・・・ビックリするかな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日、加藤五郎第一回 おさらい会!

本日、三味線弾きの雲助!の三味線の、お弟子さんで・・・加藤峰童(加藤五郎)さんの、“第一回民謡おさらい会”に・・・行って来ました

236 会場いっぱいのお客様で・・・盛大におさらい会を開催出来ました

三味線弾きの雲助!は・・・加藤峰童(加藤五郎さん)の伴奏で、鯵ヶ沢甚句を唄いました

そして定番の・・・雲助!玉助!(尺八の、野口雄玉)の、奴さんの真赤な太陽!(雲助!手作りの、エレキ三味線で)を、演奏しました

そして打ち上げの席では・・・ 雲助!の、エレキ三味線弾き語りの  “雲助!の、流れて津軽”  を、そして・・・無理やりのアンコールで・・・ “雲助!玉助!の、昭和メドレー” を、ご披露致しました

お陰様で・・・来年の、営業のお話を・・・頂きました

何はともあれ・・・無事に・・・おさらい会を開催出来ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御近所迷惑!

三味線弾きの雲助!今ままでは・・・本部教室騒音(雲助!にとっては、命の鼓動)ですが、御近所様!には・・・三味線の音(特に、雲助流・エレキ三味線)御迷惑をかけて居ました

今や、時代の御時世・・・三味線弾きの雲助!、本部教室・・・防音対策を進行中です(雲助流!)

238 今までの稽古場

236 先ずは、二重サッシの内側に・・・防音カーテンを、付けました

241 そして、壁には・・・防音シート(ゴムシートに・・・鉛の粉末が混ぜ混んで有る)を、貼り・・・その上から・・・12.5ミリ厚の石膏ボードを貼り・・・和風調の壁紙を貼ります

240 これで幾らか・・・三味線の音が、御近所に漏れなくなるか・・・まあ、対策しないよりも・・・良いかな

三味線弾きの雲助!大分前に・・・秋田弾きの、「本荘追分と秋田荷方節」を、教えてくれと言われて・・・ふじみ野市の御宅に行きました

わ~すげ~・・・地下室が、有るよ

三味線弾きの雲助!宝くじでも当たったら・・・5坪位で良いから・・・地下室(防音室)作りたいな~

鬼マネ様!・・・宝くじ当ててネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日坊~ず!

三日・・・いや・・・一日坊主かな~

235 最近、メタボが気に成る・・・三味線弾きの雲助!・・・早速、ルームランナーを、購入

でも、10分もやると・・・ハア・ハア~

困ったもんだ・・・全然やらないよ

最近は、雲助!の母親さまが・・・一日、三回・・・10分づつ続けて居るよ

凄いね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、民謡三人衆!

本日6月10日(日曜日)ライフコミューンふじみ野で “民謡三人衆” やって来ました

三味線弾きの雲助!・・・ライフコミューンふじみ野、では数回・・・“雲助!一人会”をやってきましたが・・・今回は、三人衆で・・・賑やかに楽しくライブをやってきました

そうそう、検索サイト観ていたら・・・三人衆取り上げたブログ見つけましたIMG_0897これは、2012・2/19(日曜日)ライフコミューン南与野での・・・民謡三人衆のひとコマです(写真を、クリックすると、三人衆の大画面観られますヨ)

歌い手は「加藤峰童」 尺八「野口雄玉」・・・そして、ハデハデ作務衣を着ているのが・・・三味線弾きの雲助!で~す

このライブ写真は、木下の介護のホームページのブログサイトから・・・抜粋しました。

来週17日(日曜日)には、加藤峰童さんの “民謡おさらい会” が、川口市芝南公民館で、開催されます。

三味線弾きの雲助!も・・・応援に行きますよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・民謡三人衆!

三人衆では、久しぶりに、来週10日(日曜日)に、民謡三人衆で・・・ライフコミューンふじみ野で、ライブをします

File0360 そして、6月17日(日曜日)には、三人衆の歌い手の・・・加藤峰童さんの民謡教室の{加藤五郎 民謡門下生 おさらい会}が開催されます

加藤峰童(加藤五郎)さんは、むかし “日本民謡協会全国大会” で、優勝した事の有る実力者です。

また今は、三味線弾きの雲助!の所で、三味線修行中です

加藤さんの、おさらい会では・・・雲助!と “三味線バトル”(即興三味線、掛け合い弾き)を、やります

そして雲助!は・・・7月28日(土曜日)スマイルハウス(浦和)で、 “雲助!一人会” を予定しています

8月は、25日(土曜日)に雲助!の、お弟子さんを引き連れて・・・まどか・さいたま新都心で “津軽三味線と民謡ライブ” を予定しています

皆んな・・・頑張ってね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めくり!

三味線修理の合間に・・・三味線弾きの雲助!の・・・乳母車?にぶら下げる、めくり(看板のぼり旗)を作りました

247 これ裏側だ~い

246 これ、表側だ~い

鬼マネ様!に内緒で、せっせと作ったので・・・あんた何考えているのて・・・怒られそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・復元!

三味線弾きの雲助!本日空きが有ったので・・・お弟子さんに頼まれていた、折れた三味線を修理しました

251 先ずは、接着剤をタップリ塗って、複数の万力で四方八方から押さえ付けて・・・貼り合わせます

239 接着剤が固まったら・・・張り合わせた傷口を、在庫の紅木の切れ端を・・・ヤスリで削り、粉カスで・・・傷口を埋めます

237 ついでに、東さわりの頭を鋭く削りました。(東さわりを削る時は、三味線から外して削ってね)ちなみにこの東さわり、雲助!が、象牙で作りました

236 はいこのとおり・・・バッチグー直りましたよ

初めは、折れて所に・・・乳袋の中側から・・・真鍮板で、添え木をかます予定でしたが・・・意外とがっしりと、貼り付いた様です

万が一・・・剥がれてしまったなら・・・添え木をかましますネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんりゃ~!

雲助!のお弟子さん・・・三味線粗末にするから

235 こんな、成りました

三味線弾きの雲助!の稽古場に来るときに、うちのお弟子さん、不注意から三味線を落とし・・・このざまです。

ちなみに、(白く見える)さわりは、三味線弾きの雲助!が作った・・・象牙のさわりです

さて雲助!どのように直すか

実は雲助!これと同じ場所折れた・・・三味線前に直した事が有ります

実は、余りいい思い出では有りません・・・雲助!が、修行時代に師匠から預かった、小学6年生の男の子の三味線でした。

三味線は、しっかり直りましたが・・・男の子とその母親には感謝されましたが・・・師匠が・・・

接着剤は、エポキシか木工用アロンか・・・要らない、紅木の切りハシを貼って・・・強度テスト中です。

添え木も考えて居ます

さ~て・・・どのようになるかな~

こうご期待あれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »