« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

新調!

今日、岩槻人形組合から、新しい・・・人形組合の半纏が、届きました

311 前にも言いましたが・・・三味線弾きの雲助!の、本業は・・・木目込み人形の・・・職人さんなんだよ

312 なかなかカッコいい・・・長半纏です

三味線弾きの雲助!休日は・・・三味線の仕事&ボランティアで・・・組合のイベントお手伝い出来ませんが・・・8月の・・・岩槻人形祭は、都合付けて・・・お手伝いしています

来年の、お祭りは・・・新調の半纏を着て、お手伝いしますネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼マネ様と・・・デートだ~ぃ!

本日、天気も良いし・・・三味線弾きの雲助!の新しいパートナーの GRBースペックCかっ飛ばして・・・鬼マネ様連れて・・・久々のドライブデートで~す

家を出て・・・高津戸峡を目指しましたが・・・昔行った・・・宝川温泉も良いねなんて・・・でも飲めないよ運転だし・・・てなことで・・・何日前テレビでやっていた・・・富士山の絶好のなが目の・・・御坂峠に行こうてなことで・・・御坂みちに入って・・・車一台もすれ違わないし・・・不安・・・三味線弾きの雲助!ナビを操作・・・運転中にナビいじるなて鬼マネ様!・・・ホントの鬼になったよ

でも御坂みち・・・トンネル(車すれ違い出来そうも無い細い道)抜けたら・・・車と人がいっぱい・・・御坂峠の茶屋の前

309 逆光で厳しいけど・・・御坂峠から見た富士山で~す

河口湖へ行ったら・・・マラソンで、人がイッパイ・・・マラソン会場では、「サンプラザ・中野」さんの、ライブやって居ました

車止められ無いので・・・山中湖へ・・・ほうとうを食べて・・・ここまで来たのだから・・・五合目(スバルライン)を目指そうと行きましたが・・・四合目までしか行けず・・・

300 四合目から見た・・・富士山で~す

もう数週間したら・・・閉鎖されて登れ無いんだろうな~

帰り道(中央高速道・談合坂)大渋滞で・・・“GRBースペックC”の威力はっき出来ませんでした・・・嘘だよ~ん・・・そんな走りしたら・・・鬼マネ様!から飛んで来るからね

GRBースペックC・・・燃費(ハイオク)は・・・リッター当たり9.2キロでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“雲助!一人会”

本日、さいたま市西区西遊馬団地「ワークプラザ」にて・・・ “雲助!一人会” を、やって来ました

298 こんな立派なポスター掲示していただき・・・三味線弾きの雲助!大感激で~す

299 三味線弾き雲助!本日のお道具は・・・これ・・・自慢の・・・雲助!お手製の・・・エレキ三味線そしてエフェクターとアンプと電源・・・これ全て・・・雲助!特製の・・・台車にセットして有ります・・・もちろんエレキ三味線スタンドまで・・・セットして有りますよ

本番では、エフェクターを乗せてある台を・・・引き抜いて・・・足元にセットします

そして・・・おなじみの・・・三味線弾きの雲助!の・・・のぼり

一時間のライブでしたが・・・三味線弾きの雲助!・・・一人で頑張りました

会場の皆様・・・笑って楽しんでそして、喜んで頂き・・・三味線弾きの雲助!大感激でした

また、機会が有りましたなら・・・三味線弾きの雲助!よんで下さいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまえさんは何て言う、お花かね?

三味線弾きの雲助!の家の庭に・・・小さな花が咲いて居ました。

297 鬼マネ様だと、解るんだけど~ネー

11日の日曜日・・・さいたま市西区西遊馬団地で、 “雲助!一人会” をやるんだけど・・・天気がイマイチの様で・・・

三味線弾きの雲助!のライブは何時も道具(エレキ三味線に、アンプと電源)がいっぱいで、駐車場から会場まで・・・雲助!特製の、アンプ乗せ台車を転がして行くんだけど・・・雨降りだと・・・困るな~

雨降りません様に~ネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもや新作・作務衣!

三味線弾きの雲助!の・・・お袋様の道楽で、新作の作務衣が出来上がりました

298 この派手派手作務衣に、ピンクの馬鹿足袋スタイルで・・・今月11日の、西遊馬団地の「あすま会」での “雲助!一人会” 頑張りますよ

三味線弾きの雲助!の、お袋様・・・今度は・・・これ

299 大島紬です。以前にも雲助!の婆ちゃんが着ていた・・・大島紬を解いて、作務衣を仕立てて頂きましたが・・・

今度は、お袋様が一度も袖を通さなかった・・・結構上等な、大島紬で、雲助!の勝負着の、作務衣に仕立て直してくれるそうです

出来上がりが・・・楽しみです

お袋様・・・何時もありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »