« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

もう~この時期!

あっという間の・・・一年・・・早すぎだよ~coldsweats01punch

001 三味線弾きの雲助!の家の玄関・・・お正月を迎える・・・寄植えの鉢tulip

毎年、うちの鬼マネ様!が・・・今年も、寄植えの鉢tulipを作りましたhappy01heart04

つい此の間(去年の今頃)も「雲助!の独り言」で、投稿したと思ったら・・・今年もまた・・・一年経つのが、早すぎですヨpunch

何はともあれ、これで新しい年を・・・迎えられます。

あ!新年早々(1月5日・土曜日)指扇の・ゆらぎ、で “雲助!一人会”有るんだっけhappy01sign03

雲助!今、クリスマスメドレー入れた曲弾notes作りましたsmile

でも、この時期・・・やるとこ無いやcoldsweats02

明日、七里の稽古場で・・・デモ演奏して、弟子達に聞かすかな~bleahbomb

“雲助!の、きよしこの夜” だ~いdeliciousshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーァ!早いな~

今年もあと数日で・・・終わってしまうよ~coldsweats02

299 三味線弾きの雲助!今年は・・・土曜・日曜日だけで、16ヶ所の三味線慰問ライブをし、その内半数は “雲助!一人会” を、こなしましたhappy01sign03

来年早々・・・1月5日(土曜日)「老人ホーム・ゆらぎ」で “雲助!一人会” を

そして・・・2月17日(日曜日)「まどか浦和領家」で “雲助!一人会” を、やりますhappy01sign03

また、来年も “三味線弾きの雲助!” 頑張ろう~とnotes 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は最高!

三味線弾きの雲助!久々の・・・同窓会(悪餓鬼?四人衆)

箱根一泊旅行で、何十年ぶりの再会で・・・本日、大宮で飲み会beer・・・お偉いさんの、マラソン気ちの・・・小林・・・日本出版出の・・・岡戸はるじ・・・そして、水元工芸の社長の・・・徳さん・・・不思議なもので・・・乾杯した瞬間・・・昔の・・・悪餓鬼四人衆に成って・・・ため口で・・・ほんとに楽しい酒宴でしたbeerhappy01sign03

次回は、鬼怒川?付近で・・・一泊で、呑み会beer同窓会を約束して来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

音作りに四苦八苦!

三味線弾きの雲助!・・・お手製の、エレキ三味線の音作りに四苦八苦していますcoldsweats01notes

006 先週の木曜日、ワッツの音楽スタジオ借りられたので・・・三味線弾きの雲助!最初に愛用した(ACX900+AD-3)を持ち込んで、フルパワーでやって来ました。

リバーブ掛けて・・・童謡メドレー・・・フェーザー掛けて・・・曲弾き・・・やはり(AGA-150+エフェクター)の方が、まろやかかな~

今日は(日曜日)大宮で、雲助!の高校時代の四人コンビの忘年会beer行って着ま~すhappy01sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シクラメンだ~い!

今年も、綺麗なシクラメンの鉢植えを頂きましたhappy01sign03

313 早速、玄関に飾りましたtulip

ちなみにシクラメンの台(電話台)三味線弾きの雲助!が、中学生時代に技術科の授業でこさえた物だよ~delicioussign01

なかなか良いじゃ~んshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンプ勢揃い!

三味線弾きの雲助!御愛用の・・・エレキ三味線のアンプ勢揃いで~すnotessign01

311 エレキ三味線は、デカイ音だけ出すのは・・・いたって簡単ですが、良い音出すには?・・・ホント奥が深いよ~coldsweats01

三味線弾きの雲助!今は、もっぱら(AGA150)に、エフェクター(GE-7・CS-3・プリアンプ・ダイレクトボックス)をつないで、演奏して居ますが・・・本日、昔使っていた(ACXー900)に(AD-3)をつないで、やってみました・・・なかなかいけるよhappy01sign02

エレキ三味線の音は・・・アンプとエフェクターの組み合わせ次第で・・・色々変化しますwobbly

和室と洋室では・・・違うし・・・お客様の人数に寄っても・・・全然違うし・・・ア~奥が深いな~think

今週の木曜日の教室(岩槻駅前の音楽スタジオ)で、フルパワーで(ACXー900)鳴らして確認してこようかなhappy01sign03

八日(土曜日)「みんなの家・南中野」での “津軽三味線と民謡ライブ” に持ち込むアンプの組み合わせ決めないとnotespunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »